×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

花粉症のお茶。効果的なお茶の飲み方は?

花粉症の茶

花粉症対策に手軽に使えるお茶
症状をうまく抑えるための
効果的な飲み方をアドバイス

  


● 花粉症の茶(トップページ)

● 花粉症のお茶の種類

● 花粉症にティーバッグのお茶はどうか

● 花粉症のお茶の効果的な飲み方





花粉症に話題の「べにふうき茶」
花粉症に効くお茶として最近話題なのが、「べにふうき茶」(紅富貴茶)といわれるものです。花粉症に様々なお茶が何故効くかというと、”メチル化カテキン”という成分によるものらしいのですが、「べにふうき茶」は、このメチル化カテキンが他に比べ非常に多く含まれるようです。

そのため、花粉症によく効くと、ここ数年ブームになっています。

そこで、このページでは「べにふうき茶」をご紹介しましょう。


濃いべにふうき茶釜炒り製パウダースティック

「べにふうき茶」というのは、たくさんあるお茶の品種の一つで、 メチルカテキンが最も多いお茶、です。正式には「茶農林44号」といい、インドで紅茶用に栽培されているアッサム種に近い「べにほまれ」と「枕Cd86」という品種の子供です。「べにふうき」は香りがとても良く、もともと紅茶、半発酵茶用品種として開発されました。農業技術研究機構 野菜茶業研究所(旧国立茶業試験場)などで、「べにふうき」という日本のお茶に渋味成分であるカテキンの1種、エピガロカテキン-3-O-ガレート・エピカテキン-3-O-ガレート(通称メチル化カテキン)が、含まれることがわかりました。元々「べにふうき」は紅茶用の品種ですが、メチル化カテキンは茶葉の発酵過程で無くなってしまうため【緑茶】に仕上げる必要があります。「べにふうき」の緑茶に含まれるメチル化カテキンは、すべての食品中最高値です。(上で紹介「べにふうき茶」販売サイトより引用)


この「べにふうき茶」を昨年飲んだ方からは、”おかげで花粉症が軽くて助かりました”という評価が沢山寄せられています。


パウダー状のスティックタイプなので、有効成分が酸化しにくく、効果が最大に発揮されやすい包装になっているのもいいですね。



/お茶で健康/ダイエット方法の基本/ 肩こり解消法/肩こりの体操 /肩こりのツボ/肩こりに効く薬/ストレス解消 /お茶でダイエット
石鹸シャンプーのすすめ/アトピーには漢方/日光へ日帰り温泉/熱海へ日帰り温泉/防カビ対策はこうする/
ダニ退治はこうする/デニムのスカート、ショートパンツの魅力/家電販売お得情報/箱根へ日帰り温泉
/軽井沢の楽しみ/軽井沢、アウトレットと自然/webキャッシング/激安、アウトレットin楽天市場/
高度先進医療/目たるみ、目のたるみ対策/株、オンライン取引/抜け毛悩みに克つ/恋人募集できる/ニキビには漢方/占いは今/
わき腹ダイエットの基本/顔のたるみ解消法/おからクッキーでダイエット/八ヶ岳、アウトレット&自然/肌の老化を防ぐには?/
キッザニア東京で遊ぶコツ/抗がん剤とは/腰痛治療とはこんなふうです/地デジってどうすればいいの?/がん治療の最新/
腰痛体操/レトルトのカレーグルメ/ファーストピアス、セカンドピアス/伊豆へ日帰り温泉/グラビアアイドルカレンダー2008/
アディダスのジャージ、シューズ、バッグ情報/


相互リンク・SEO忍)ブログホームページアクセス解析カウンター全部無料で!!
Copyright (C) 2006 健康管理ページ All Rights Reserved.